未分類

実績のある歯科医を選びましょう

入れ歯や差し歯に換る新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は基本的に一生と説明されることが多いでしょうが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されるといわれているのです。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も短くなってしまうのです。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがナカナカ引かないという時は、直ちに歯科で診てもらって頂戴。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということ持たまにあると言う事です。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨聴きれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。
こうした症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導して貰えるので、必ず守るようにして頂戴。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口の中で何か異変が起きていても、ナカナカ気付きづらくなっています。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

どんなケースだとしても、インプラント治療を受ける際に重視して欲しいのは歯科医と、歯科医院の決め方です。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術をもとめられるのであまたの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見とおし、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯とくらべて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛向ことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法と言う事です。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。歯科治療はすべて同じですが、インプラント治療は治療完了後、その通りで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導して貰うことをつづけなければなりません。インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。